制作日誌

月 日 内    容
2010年 2月 初稿が上がる。この時のタイトルは「(仮)父の日」。

  8月 主演の中原丈雄さんのキャスティングが決定
タイトルを「ばなな」に変更。
  10月 資金集め、難航。大城プロデューサー、痩せる。

2011年 3月

東日本大震災 撮影延期の話し合いが行われるが 続行を決め、作品完成後、
被災地での無料上映会の計画が始まる。

  6月 メインキャストが続々と決定。

  7月 塩谷瞬さんのキャスティングが決まる。
タイトル「ばななとグローブ」に変更。
  8月 メインスタッフも決まり諸準備が始まる。
沖縄キャストを残しメインキャスト最後の役にオーディションによって
趣里さんが決定。

  9月 タイトルが「ばななとグローブと(画:ジンベエザメ)」に決定。
沖縄キャスト、沖縄ロケハン、東京ロケハンが成立し13日から3日間の衣装合わせ。
20日 祝!クランクイン。
30日 メインキャスト・スタッフ沖縄入り
  10月 雨に祟られながらも、実景を残しクランクアップ。
帰京後、撮影大打ち上げ、大いに盛り上がる。
仕上げ作業スタート。
  11月 粗編完了。年内完成をめざしていたところ、大城P、持病で入院。
結果、仕上げスケジュールがズレ、初号試写は年明けに延期。

  12月 河口恭吾さんの描き下ろし、エンディング曲「MADOROMI」のレコーディング。

2012年 1月 8日MAが終了しほぼ完成版が出来あがる。
23日初号試写、概ね好評、監督と大城P、安堵する。
  2月 10日、沖縄関係者試写を北中城村にて行い、大盛況。
中原丈雄さん、黒田福美さん、原田佳奈さん、川上麻衣子さん、
矢城監督、大城Pが参加し、朝方まで飲み倒す。

  3月 英語字幕版が完成しカンヌを皮切りに国際映画祭にエントリーを始める。

  4月 内定していた劇場からある理由で内定取り消しの通達。

  7月 東京での公開劇場が内定。沖縄・高崎も決定。
ホームページ、ポスター・チラシの制作がスタート。

以降は
大城英司ブログ「再び!行きがかり上『痛っ!気持ちいい映画創り』」
FaceBook「ばななとグローブとジンベエザメ