Banana,grove and whale shark

エンディング曲
河口恭吾「MADOROMI」

河口恭吾さんからのコメント:
エンドロールを眺めながら音楽に耳を傾け、さっきまでの
ストーリーや印象に残ったシーンを追想する・・・
これって映画の一番最後の楽しみというか贅沢な時間だと
僕は思っているのですが、皆さんはどうでしょうか?
「ばななとグローブとジンベエザメ」という作品の空気感を
エンドロールの最後まで大切に繋ぎつつ、
歌でもって作品と観てくれた人との橋渡しが出来ると良いなと、
おこがましくも思って「MADOROMI」という
曲を書かせてもらいました。
「ばななとグローブとジンベエザメ」という
素敵な夢に関わらせてくれた
矢城監督、大城プロデューサーに感謝です。 河口恭吾


 プロフィール:
2000年デビュー。2003年2月リリースの1stアルバムに収録されていた
「桜」が有線放送で話題となり、ラジオ局やCDショップへ問合わせが殺到。
12月にシングルとして再リリースされた「桜」は子供から大人まで幅広い
年齢層に支持され、2004年の年末に初のNHK紅白歌合戦出場と
日本レコード大賞にて金賞、作曲賞を受賞。
以降アルバム7枚をリリースし2009年11月に各界で活躍している
女性から歌詞の提供を受け、楽曲を書き下ろし歌った企画アルバム
「WOMANING~今を生きる女性たちへ~」をリリース、
ファッションデザイナーのコシノヒロコ、プロフィギアスケーターの
荒川静香などが作詞に参加し話題となる。
デビュー10周年を迎えた2010年に自ら選曲したベストアルバム
「自選ベストトマト盤・あじ盤」の2枚をリリース。
2011年6月には第2弾のカバーアルバム「君を好きだったあの頃2」を
リリースし「ありがとうsongsコンサート」と題した企画コンサートを展開 。
2012年3月にオリジナルアルバム「ROMANCHICA」をリリース。


アルバム「ROMANCHICA」
2012/03/28 Release
UPCH-20271 ¥3,000(tax in)


河口恭吾/official web site
http://www.miraclebus.com/kyogo/